ギャル曽根ちゃん、病気とか疑われていますが、
実は消化器系統の障害のようです。しかも、痩せる
と羨望の的なんですが、ある特殊な事情がありそう。

番組によると、ギャル曽根ちゃんの体に食べ物が
入ると、胃から腸、大腸、そして体外にあっという間に
流れていってしまうようです。

「流れて」というのは少々大げさかもしれませんが、
その表現が一番まとを得ています(笑)

胃に入った食べ物は、1時間くらいすると、
半分以上が、もう腸の方にいってしまってるとか。

そんなに早く食べ物に消化器管中を移動して
もらっては、栄養の消化吸収が間に合わないそう。

これは病気というか、体の構造の異常でしょうか。

(※ちなみに、ギャル曽根ちゃんの場合は
分かりませんが、

食べても太らない人達の多くで、
消化器管中にある「弁」と呼ばれ、開いたり閉じたりしながら
食べ物の移動速度を調整する箇所が、ゆるくできている
そうです。)

つまり、胃や腸などの臓器に長く滞在しないので、
食べても食べても、摂取した栄養が体に吸収され
にくい。

その証拠に彼女の血管中の糖分量を調べて
みると、食後も血中の糖分が少ないまま。

普通のヒトの場合、
食べれば糖分が血液中に入るので、
糖分の急上昇がみれられます。

それがギャル曽根ちゃんの場合は、
ほとんど見られない。ここが彼女の体の作りが
かなり普通人と違うところ。

食べてもすぐに食べ物が体の外にでていくから
太らない。ガリガリに痩せていられるのです。

これはやはり一種の病気かもしれませんね。

ところで、あなたは、ギャル曽根ちゃんのように
食べても体に食べ物が取り込まれにくい体を
手に入れたいと思いますか?

ギャル曽根ちゃんの痩せる体を手にしたら
もしかしたら、あなたは今までの大きな「幸せ」を
感じられなくなるかもしれません。

そうなってもいいですか?

→ ギャル曽根の体で非常に損なこと

➡ ギャル曽根 痩せの大食いの謎 はじめに戻る